牡蠣とり帳ってなに?ドリルの内容や買い方まとめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

お風呂入った後にトイレに行きたくなると損した気分になるセミシングルママことケービーです。

元小学生さんも現役さんも誰もが勉強した漢字ドリル!

夏休みには大量の書き取りの宿題が出て嫌々やったのを覚えています。

そんな漢字ドリルの中でも今話題になっているのが「牡蠣とり帳」…

とても気になったので

  • 牡蠣を学ぶ?牡蠣とり帳ってなに?
  • ドリルの内容や入手方法

について調査してみました!

スポンサーリンク

 

牡蠣を学ぶ!牡蠣とり帳ってなに?

引用元:https://hiroshima-welcome.jp/kakingdom/kakitori/牡蠣ンクダムHP

牡蠣を学ぼうがキャッチフレーズの書き取り帳。そもそもどうして牡蠣?

牡蠣を学ぶドリルができた理由

牡蠣=カキ。

カキっておいしいですよね!

フライにしても、レモンをかけて生で食べても、ポン酢にかけてもおいしいのでケービーは大好きです!♥

牡蠣の産地といえばもちろん広島県で生産量は全国1位です。第2位の宮城県の3倍以上ですから牡蠣の王道ですね。

この、牡蠣とり帳も広島県産なのです(笑)

牡蠣を産地広島県は、

県民のみなさまにもっと牡蠣を愛して、誇りに思ってもらいたい!

観光地として牡蠣の知識を使ったおもてなしをすることも大切、という思いから牡蠣のトリビアを詰め込んだ牡蠣とり帳を作ったそうです。

広島県民99%は○○だった?!

このドリル配布に先駆けて

10代~50代の500人に牡蠣に関する実態調査

のアンケートをとったところ、なんと!

牡蠣が広島県にとって観光地であることに誇りに思うと答えた県民が95%だったのに…

99%の方が「牡蠣」を漢字で書けない!という事実が判明!

でも、実態のところ読めても書くのは難しいですよね。

ケービーも書けませんでした。

牛がついてる気がしたなぁ…しかわかりませんでした!

スポンサーリンク

牡蠣とり帳の内容とは?ドリルの入手方法や買い方まとめ!

広島県が作成し一部の小学校に配布した漢字ドリルこと牡蠣とり帳。気になるその中身や入手方法をまとめてみました。

牡蠣とり帳の内容とは?

ドリルはカラー刷りで、42ページもありたっぷり牡蠣を書けるしくみ!

「牡蠣」を使った例文だけで構成されているため1冊でなんと計97回もの「牡蠣」の漢字を書き取り練習できる優れものです。

例文も牡蠣に因んだもので広島大学で牡蠣に詳しい教授が監修するほどの牡蠣づくし!

そのため、

牡蠣にも足があるや、室町時代には広島牡蠣の養殖が始まっていたなど、カキについてのトリビアを学ぶこともできます。

漢字も学べて牡蠣トリビアも学べて一石二鳥のドリルですね。

(いつだか一世を風靡したう○こドリル風ですね!こんな風に面白い教材が増えてもらえると、勉強がたのしくなりますね!)

牡蠣とり帳の入手方法とは?

是非、そのドリルを使ってみたいところです!

が、現在では販売はしていないようです。

広島県のHPによると…

この「広島牡蠣とり帳」は,平成29年12月19日以降,広島県庁行政情報コーナーや広島県立図書館で閲覧できるようにするほか,今後県内の公立図書館へ寄贈し,多くの方にご覧いただきたいと考えています。

引用元:広島県HPhttps://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/78/kakitorichou.html

反響が大きければもしかしたら、広島県内の市役所で購入できるようになるかもしれませんね?

ゆくゆくは、広島県内すべての小学校で購入できるようになったらいいなぁ…!

さらにさらに、通販サイトもできればいいなぁ…!←どうしても、やってみたい!♥

あぁ…牡蠣が食べたくなった!

そんなあなたに☆

2Lサイズのビック牡蠣!(数量限定です!)

新鮮な牡蠣が一粒一粒瞬間冷凍されています。なので食べる分だけ料理に使えます♪

冷凍保存2ヶ月可能なので食べる度に新鮮です!牡蠣鍋やフライにしても身が縮まず2Lのまま♥

まとめ買いがお得!

なんと最大1500円もお得です!

今なら7周年記念で送料無料です!↓

 

 

 

まとめ

今回は牡蠣とり帳について、どんなドリルなのか、その内容や入手方法や買い方について調べてみました。

楽しいことって、やっていてワクワクしますよね!

勉強がワクワク、楽しいものだったら学ぶことも苦ではなくなります。

このドリルいつかやってみたいなぁ!

あなたは、カキを書けましたか?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*