【アニメ】『鬼滅の刃』無限列車編の死闘は大正5年11月19日?? 【気象予報士の森田氏が特定】【こういう考察は好きだわ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは!
 
月から日付まで推理できちゃうってすのいですね!セミシングルママことケービーです。
 
今回は【アニメ】『鬼滅の刃』無限列車編の死闘は大正5年11月19日?? 【気象予報士の森田氏が特定】【こういう考察は好きだわ】についてみんなの2ちゃんねるでの書き込みをまとめました。
 
 

スポンサーリンク

鬼滅の刃』(きめつやいば)は、吾峠呼世晴による日本漫画。略称は「鬼滅」。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号から2020年24号まで連載された。シリーズ累計発行部数は単行本22巻発売時点で1億部を突破する。 大正時代を舞台に主人公がと化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う
387キロバイト (62,609 語) - 2020年11月18日 (水) 00:44



(出典 game.watch.impress.co.jp)


 
なるほど!

スポンサーリンク



1 muffin ★

http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/201118/lif20111812350009-n1.html
2020.11.18

気象解説者、気象予報士でウェザーマップ会長でもある森田正光氏がYahoo!ニュースに寄稿し、18日に掲載された「『鬼滅の刃』無限列車編の死闘は大正5年11月19日の未明か 『月齢23』からの考察」と題する記事が話題を呼び、「月齢23」「森田正光」など関連ワードがツイッタートレンド上位に複数ランクインしている。

記事では、「劇場版『鬼滅の刃」無限列車編」を鑑賞した森田氏が、「上弦」「下弦」と月の形が物語に登場する鬼の名前の由来になっていることに着目。作者が月に重要な意味合いを持たせているのではないかという推察のもと、背景に描かれている月の形から月齢23前後であると推定。さらに、地平線との位置関係や、登場人物の服装、物語設定にまつわる諸説を踏まえたうえで、クライマックスの死闘を描く場面を、大正5(1916)年11月18日深夜から19日早朝にかけての出来事と特定した。

森田さんの記事
「鬼滅の刃」無限列車編の死闘は大正5年11月19日の未明か 「月齢23」からの考察
https://news.yahoo.co.jp/byline/moritamasamitsu/20201118-00208206/
11/18(水) 6:30

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編を見てきました。

ほとんど予備知識が無かったのですが、ラストシーンなどとても印象的で心に残る物語でした。中でも特に私が興味を持ったのは、映画の最初の頃に出てくる「月の形」です。ストーリー展開は極力避けますが、恐らく多くの方が見逃したであろう「月の形」をもとに考察したいと思います。

この物語は、暦や五行陰陽道など作者の深い知識がベースになっていますが、中でも「月」については、重要な意味合いがあるようです。鬼滅の刃に出てくる鬼は12種類いて、上位の鬼は「上弦の何々」下位は「下弦の何々」と、月の形が鬼の名称の由来になっていることからもその事が分かります。

では「上弦・下弦」とは何でしょう。

月は新月から始まって7日ほど経つと、弓の形のような半月になります。この半月が地平線(水平線)に沈むとき、弓の弦が上になるように見えるので、これを「上弦の月」と言います。さらにその後少しずつ丸みを帯びていって、7日ほど経つと満月に。そして満月から今度は月が少しずつ欠けていって、7日ほど経つと再び半月になります。しかし、今度は沈むときに弦にあたる部分が下を向くので、これを「下弦の月」と言うわけです。

続きはソースをご覧下さい





19 名無しさん@恐縮です

>>1
連載開始年から100年前か

5 名無しさん@恐縮です

そんなに考えてねーよ

36 名無しさん@恐縮です

>>5
って思うよね。でも作る側にまわるといろいろ考えるもんなのよ
原作はわからないけどアニメ制作会社の方なら、日付指定して
調べてても全然不思議ないよ。絵一枚描くのにもメッチャ資料集めるんだから

7 名無しさん@恐縮です

そもそも大正時代に夜中に走る列車はあったのか?

12 名無しさん@恐縮です

>>7
Wikipediaによると走ってるね
てか、鬼滅って割と最近な話なのな
るろうに剣心と同時代とは

>日本では、全国の鉄道網が一通り完成した明治時代中期以降に夜行列車が運行されるようになった[4]。

スポンサーリンク

18 名無しさん@恐縮です

>>12
最終回に出てきた子達がねずこと善逸の孫みたいだし
集合写真もあったから思ったより昔ではないっぽいね

33 名無しさん@恐縮です

>>18
ひ孫だよ

10 名無しさん@恐縮です

そんな設定あるの?

11 名無しさん@恐縮です

日本の場合、明治中期には鉄道網が出来上がり、夜行列車が運行されているね。
速度が遅いので長距離になると「夜行」で走行しないと目的地に着かない。
この「鬼滅・無限列車編」はある意味、鉄ヲタをも取り込んだとも言える。
この「鬼滅」ブームでアニメに使われる字体も取り上げられ「闘龍書体」「陽炎書体」
も取り上げられている。
まあ、経済効果が出るからどんどんやれば良い。

13 名無しさん@恐縮です


(出典 i.imgur.com)


原作だと月の描き方こんなだし、上弦下弦なんて言う割にはそれほど月に拘りなさそう

35 名無しさん@恐縮です

>>13
列車がなんか変

14 名無しさん@恐縮です

作者は月に拘りなんて無いでしょう

15 名無しさん@恐縮です

こういう考察って面白いね
公開延期になって作中の季節が現実にマッチするとか
鬼滅は色々持ってるね

16 名無しさん@恐縮です

柱が健在なら太平洋戦争時に50前後か
江田島平八郎が10人居たら勝てたらしいから勝てないまでももう少し善戦出来たな

27 名無しさん@恐縮です

>>16
郎は付けなくていい

17 ベイ伝

こういう考察は好き

22 名無しさん@恐縮です

ゴールデンカムイより後の時代とはとても思えないよなw

23 名無しさん@恐縮です

遊郭編の時に蝶屋敷に紫陽花咲いてたから6月、その4ヶ月前が無限列車なので2月説とか最終巻で無限城が1月と判明したからそこからの逆算で4~5月説とかある

25 名無しさん@恐縮です

>>23
邪馬台国みたいやなw

29 名無しさん@恐縮です

こういう大人のお遊びは好き
「当時にこれはおかしい」
なんて無粋なツッコミはいい大人のするこっちゃない

34 名無しさん@恐縮です

面白いコラムだな。いろいろ勉強になるし、こういう視点は持っていたいね

37 名無しさん@恐縮です

鬼殺隊入隊試験の時にいたクソ強い鬼は
45年以上住んでいたのか
鬼殺隊無能すぎる

40 名無しさん@恐縮です

戦争中じゃん
WW1の
ソンムの会戦で初めて戦車が出たあたり

スポンサーリンク



まとめ

今回は【アニメ】『鬼滅の刃』無限列車編の死闘は大正5年11月19日?? 【気象予報士の森田氏が特定】【こういう考察は好きだわ】についてみんなの2ちゃんねるでの書き込みをまとめました。

そこまで考え込まれて作られてたら凄いですね!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*