【大阪・福岡・名古屋】高速バスチケットをスマホから最安値で予約する方法は? 早割や割引まとめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実家がはるか遠くの県外で、毎年お盆とお正月の帰省にお財布が悲鳴を上げているケービーです。

帰省や出張などで遠くの場所へ移動する手段としては、車・高速バス・新幹線・飛行機でしょうか?

遠方だからこそ、ゆったりと快適に!でも安く時間もかけずに移動したいものです。

それには車は運転で疲れるし、新幹線や飛行機はターミナルまでの移動時間だったり待ち時間と交通費を入れると時間もかかって、金額も高くなります。

その点、高速バスは値段もリーズナブルでスマホで予約を取ることも出来るしターミナルも多く、移動時間も交通費も抑えることが出来ます。

大阪や福岡、名古屋などの都市は特に路線も多くあって、プランによっては早割や割引もあるので他の移動手段より安い!

ここでは高速バスのチケットを手軽なスマホから最安値で予約する方法を紹介していきますね。

今すぐ最安値のチケットを探したい方は、こちらをクリック!↓

高速バスチケット検索エンジン高速バスドットコムに移動します。

高速バス1000便以上を比較・予約する🚍

お得で手軽にチケットを予約して気持ちにもゆとりを持って旅をしましょう!

スポンサーリンク

大阪・福岡・名古屋到着!高速バスチケットをスマホから最安値で予約する方法は?

高速バスは様々な路線を走っていますが、移動をするときの主要となる拠点ことが多いですね。

そこで、東京から大阪・福岡・名古屋へ行きたいときにスマホから最安値で予約する方法をリサーチ!

新幹線と高速バスと料金比較してみた!

まずは、ほんとうに高速バスはお得なのかをリサーチしました。

例) 新宿発・東京発の新幹線と高速バスで比べてみましょう。

<東京⇒大阪>

  • 新幹線(東京⇒新大阪)

普通車自由席 13620円

お得チケット  9900円

(EXこだまファミリー早得)

  • 高速バス(新宿⇒新大阪)4000円~

<東京⇒博多>

  • 新幹線(東京⇒博多)

普通車自由席 21810円

お得チケット 17400円(EX早割)

  • 高速バス(新宿⇒博多)8300円~


<東京⇒名古屋>

  • 新幹線(東京⇒名古屋)

普通車自由席 10360円

お得チケット  7900円

(EXこだまファミリー早得)

  • 高速バス (新宿⇒名古屋)2200円~

こうして比べてみると、高速バスが桁から違って安い!新幹線は長距離なら割引もありますが激安!っていうほどでもないかな?

東京⇒名古屋は交通手段が限られるし、高速バスなら多くの路線があり安く行くことが出来ます。

高速バスのメリットとデメリットはなに?

高速バスの値段は安いとわかっても安かろう悪かろうでは困ります。

なぜこんなに安くて移動できるのかをリサーチ!高速バスのメリットとデメリットを調べました。

スポンサーリンク

https://twitter.com/makocyansan/status/1070432957704224768

<メリット>

  • 料金が安い
  • 乗り心地がいい
  • 時間を有効に使える
  • ターミナルが多い

メリット①料金が安い

なんといっても、安さがいいという口コミが多い。

学生さんがリーズナブルに帰省出来たり、コンサートに行くために移動費用を抑えられると人気です。

メリット②乗り心地がいい

今の高速バスはシートも工夫されています。足も伸ばせないし窮屈なんてイメージがあったらもったいない!

リクライニングが出来るシートや充電も出来るバスも増えていています。

長距離移動も快適に過ごせるようになっているんですよ。

バスだから車高も高くて景色もいいので、昼間ならば景色を眺めることも旅の楽しみの一つですね!

メリット③時間を有効に使える

夜行バスだと仕事終わりやギリギリまで予定があっても遅く出発の便もあり、移動の時間を休みながらできます。

時間も有効に使うことが出来ますね。運転をしなくていい分、有効に使いましょ!

メリット④ターミナルが多い

新幹線や飛行機と違ってバス停は多くあり、アクセスもいいところが多いので乗り場まで行きやすい!

メリットを挙げてきましたが、もちろんデメリットもあります。

 

メリットをあげてきましたが、もちろんデメリットもあります。

スポンサーリンク

<デメリット>

  • 周りの人へ気を遣う
  • 事故の可能性がある
  • 時間が読めない
  • チケットがすぐに売れてしまう

デメリット①周りの人へ気を遣う

バスなので周りの人に気を遣うということですね。

移動の時には窓側だと通路側の人に気を遣いますし、夜は携帯の灯りなども気になります。

しかし!!

今は椅子が独立したタイプのシートのバスもあってパーソナルスペースも広くとることが出来るように配慮がしてあります。

気になる人はこうしたバスを選ぶといいですね。

デメリット②事故の可能性がある

次にバスという移動手段ですので事故の可能性はもちろんあります。

これはバスに限ったことではないのですがゼロではありません。

事故を防ぐための対策もきちんとなされていて添乗員を二名としている高速バスもあります。

勤務体制や健康管理を徹底して情報もオープンです。

デメリット③時間が読めない

高速バスは基本的に道路を通って移動するので渋滞などの道路事情に到着時間が左右されますから予定通りに着くとは限りません。

しかし夜行バスを使って時間に余裕を持って移動をしたいですね。

デメリット④チケットがすぐに売れてしまう

そしてこれだけメリットが多いということはチケットも争奪戦になってしまい、年末年始などは特にチケットが取りにくくなってしまいます。

しかし!諦めないで!

(と真矢さんも言うはず!笑)

高速バスは路線も多いので、少し時間などをずらすとチケットを確保できる可能性も!

キャンセルが出ることもあるので当日割や直前割もあります。

当日割や直前割は通常の値段よりも安くなっていることが多いので、結果的にお得に乗れた、ということもあるんです。

スポンサーリンク

スマホで簡単!最安値で高速バスのチケットを予約する手順を解説!

タッチの差で売れてしまうチケット。

サッと路線を確認できて、その場でチケットを取ることが出来たらいいなぁ!

そこでおすすめなのが「高速バスドットコム」です。

今すぐ高速バスドットコムで最安値のチケットを探したい方は、こちらをクリック!

高速バスチケット検索エンジン高速バスドットコムに移動します。

高速バスドットコムとは?

高速バスや夜行バスの路線から各バス会社の金額や時間を比較して検索することが出来ます。

バス会社の情報やバスの設備、座席表も確認できて気に入ったらそのまま予約をすることができます。

しかも、スマホから検索ができるので予定が決まったら空き時間に即予約ができます!

スポンサーリンク

高速バスドットコムでの予約方法を説明!

高速バスドットコムは予約方法もとても簡単でサクサクです!

  1. 片道か往復、出発地、目的地と出発日、人数などの必要条件を入力して詳細をクリックします。
  2. 詳しい目的地や条件を入力し、バス会社からの案内を確認して次へをクリックしましょう。
  3. 手数料、注意事項を確認し、同意するにチェックを入れ、この内容で予約をするをクリックします。
  4. ログインをします。(初めての場合には新規登録をします)
  5. 必要事項を入力します。
  6. 入力事項を確認して予約を取ります。

これでチケットは予約済み♥️

高速バスにはいいところはもちろん悪いところとありますが、デメリットを上回るだけのメリットがありました!

バスということで路線も豊富にあるし、時間も昼間から夜行バスまであるので自分の生活スタイルに合わせた移動も可能です。

ただバス会社が多くあるので、それだけ料金もサービスや設備も幅広い!

そこで高速バスドットコムで、各バス会社のプランを比較して気に入ったものを予約していくようにしたいですね。

今は手軽にスマートフォンで予約が出来るので、サッと予約をして人気の路線のチケットもゲットしてしまいましょう^^

こんなにお得!チケットの早割や割引も深掘り!

高速バスは通常の料金でも新幹線や飛行機に比べて十分に安いのですが、さらにお得にチケットが手に入れられたらありがたい。

とはいえ、どこまでお得なチケットがあるのか謎。

お得なチケットはより争奪戦なので、しっかり情報をチェックしてお財布にやさしく、お得にチケットを予約しましょう。

どんな種類の割引チケットがあって、どのタイミングでチェックをして予約を取ればいいのかをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

高速バスドットコムの早割や割引一覧まとめ!

高速バスのチケットは時期や時間によって料金は変わってきます。

たとえば、長期休みやゴールデンウィーク、年末年始は高くなります。

こういったまとまった休みがあるときこそ、旅や帰省のチャンスなのに・・・・悔しいところです。

「出来るだけ安く行きたい!」を実現するために割引を出来る限り活用して、お得に高速バスを使いましょう!

高速バスドットコムでは予約を取る際に直接バス会社へ予約を入れる形となります。

直接連絡をし、予約を取ることで適用になる割引もありますので、ご確認くださいね^^

ここで紹介をするのは高速バスドットコムでの割引です。

バス会社との予約をする際に割引が発生することがありますのでチェックをするようにしましょう。

<割引>

  • 早売→チケットを早く予約すれば割引になります。

早売3とあれば、三日前までに予約が必要です。

  • 往復割引→チケットを往復で予約すれば割引になります。

日程が決まっていれば席を確保できるので安心ですね。

  • 小児割引→子供が乗車する場合には、安全上の問題から子供であっても一席を必要とします。

座席の数で予約は取るので、大人も子供も同じなのですが子供料金で予約を取れるシステムです。

  • 学生割引 →学生さんが乗車すると割引になります。

一般的に片道20%割引ですが、予約をするときに必ず確認をしてください。

学生証の提示が必要になりますので忘れないようにしましょう。

  • 身体障害者割引→身体障害者の方への割引です。

一般的に片道50%割引ですが、予約をするときに必ず確認をしてください。

障害者手帳が必要になりますので忘れないようにしましょう。

高速バスドットコムはサイト自体で割引もありますが、直接バス会社へ予約を取る形になるのでバ会社独自で設定している割引を受けられることもあります。

お得に座席を確保するためにもチェックしておきましょう。

また予約は予定がわかるようでしたら早めにすると割引率も上がりますので、

長期休みの帰省や休みが取れる日がわかったら早め早めに座席を押さえられるようにしたいですね。

学生割引、身体障害者割引は証明となる学生証や障害者手帳が必要になりますので必ず持参するようにしましょう。

提示できない場合には通常料金となってしまいますので忘れないでくださいね。

 

まとめ

今回は、長距離の移動に安く済ませたい!

と、いうことで

【大阪・福岡・名古屋】高速バスチケットをスマホから最安値で予約する方法や早割や割引などのお得情報をまとめました。

東京から大阪、福岡、名古屋へ行くときには路線も多く、プランも豊富にあるので新幹線と比較しても桁から違うほどに格安となっています。

ただチケットに関しては料金やサービスなどもバス会社によって違うので効率よく調べて、お得な料金で座席をゲットしたい!

そこでおすすめの「高速バスドットコム」で路線やバス会社のサービスなど比較をしてチケットを取るとスムーズです。

今すぐ最安値のチケットを探したい方は、こちらをクリック!↓

高速バスチケット検索エンジン高速バスドットコムに移動します。

今すぐ最安値のチケットを検索&予約したい!ここをクリック!

予約もスマホから取ることが出来て早売や往復学生の割引など幅広く割引が適応されるプランがあるサイトです。

しかも、直接バス会社に予約を取る形なのでバス会社独自の割引も受けることが出来ます♥️

高速バスと言えば昔のイメージで窮屈で長時間なんて無理!とか思うかもしれませんが個人の空間を確保されていたり、充電器があるバスもあるんです。

サービスも充実していて、安全に運行が出来るためのバス会社の対策もあり情報もオープンなので自分で様々なプランを見て、気に入ったバスでお得に旅が出来るといいですよね。

お財布にやさしく、ゆとりを持って楽しい旅、帰省が出来ますように願っています♥️

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*